イヤイヤ期は子どもの成長

子どもというのは好奇心のかたまりです。 まだ出来る、出来ないの判断が難しいので、初めての事にも果敢にチャレンジしていきます。 親から見ると危なくて、とても見ていられないような事でもやりたがります。 子どもは遊びながら小さな怪我を積み重ねて、出来る事、出来ない事、危ない事を学んでいくわけです。

ひとりで出来る事が増えてくると

イヤイヤ期は一般的に2歳前後に始まると言われています。
あれもイヤ、これもイヤ、と何にでもこだわりが出てきて、もうお手上げになってしまうママも少なくないでしょう。

2歳を過ぎた頃になると、受容するだけの赤ちゃん時代を過ぎて、自分で出来る事が増えてきた事により自己主張が生まれてきます。
とはいえ、言葉もまだ出始めの頃なので、自分の感情を上手に親に伝えることは出来ません。
自分の欲求が受け入れられない事によって泣き叫んだりするわけです。

イヤイヤ期の頃は、魔の2歳児ともいわれています。
歯磨きはイヤ、お風呂はイヤ、食事もイヤ、とあまりの理不尽さに親の方が泣きたくなることもあるでしょう。

あまりにイヤイヤが激しいと、うちの子だけと心配になるかもしれませんが、そんなことはありません。
個人差はあれ子どもの成長の過程で、自我が芽生えている証拠なのです。

3歳前後にはイヤイヤ期も落ち着いてくる事が多いようです。
保育園、幼稚園などが始まれば、集団生活に慣れるに従い、イヤイヤもしなくなってきます。

イヤイヤ期の渦中にいる時は、いつまで続くのとため息が出てしまうこともあるでしょう。
日中子どもと二人きりで過ごす事の多いママは辛い気持ちになってしまう事もある時期です。

このサイトでは、イヤイヤ期ならでは特徴と、この時期を上手に乗り切りコツをまとめました。
これは子どもが成長していっている証拠でもあります、上手に工夫して乗り切りましょう。

特別な時期と思いましょう

子どもの事を大切に思うからこそ、しっかりと栄養をとって欲しいし、毎日お散歩もして元気に育って欲しい。 親ならば当然の願いです。 でも思い通りにいかないのがイヤイヤ期。 どんなに子どもを大切に考えていても、毎日イヤイヤばかりされてしまっては、ママの心が疲れてしまいます。

ママが笑顔でいるために

子どもはいつか自立するもの。 イヤイヤ期の子どもはその学びの最初の一歩といえます。 小さな一歩ですが、親にとっても初めて子どもを一個人として認識する時です。 困り果ててしまう事も多いイヤイヤ期ですが、子どもと一緒に親も成長していく大切な時期でもあるのです。

リンク集

類塾に通って何が変わった?

実際に類塾に通っている家庭にアプローチをかけてみました!ビフォーアフターを赤裸々に告白

高校から類塾は遅い?

類塾といえば早期入塾を勧める人ばかりですが高校からの入塾するメリットがあると知っていますか?

高校留学する際の準備と行き先の選び方

高校留学の行き先を選ぶときの決め手はなに?前準備の内容と人気の留学先をピックアップ!

電解水素水なら日本トリム

電解水素水ってどんなものか知ってる?体に優しくて美味しく飲める日本トリムの販売する整水器

大阪で家庭教師のバイトを始めよう!

学生向けの高収入バイトといえばやっぱりこれ!大阪で家庭教師のアルバイトを探そう!

TOPへ戻る